コリー・ジュリアドの連絡帳
Juliusは、9年間お世話になって卒業しました。                  Adonisは犬学校の5年生。 週に2日、カバンに、おもちゃと、ウンチ袋と 連絡帳を入れて通学。 その学校生活は、ミステリアスで、ユーモラスで、ちょっぴり刺激的。

ちょっと認知症?
今のところジュリは、
食べたことを忘れるワケではないし、
パパやママが分からないわけでもない。
間に合わない事はあっても、トイレの位置は知っていて、失敗はあっても一応使えるし、
散歩に誘うと嬉しそうにする。

だから、まだまだ意識ははっきりとしていて,すごい認知症というわけではなさそう。

でも、同じ場所をグルグル回ってることは良くある。
特にベランダで。
ベランダぐるぐる




トイレ(トレイ)に入るわけでもなく、同じ場所を5.6回グルグル回ることが多い。
ベランダぐるぐる





何回か回った後は、ちゃんと戻っていく。
途中で つぶれさえしなければ。
ベランダぐるぐる



部屋の入り口もよく分かっていて、帰っていくし!
ベランダぐるぐる

困るのは、時々ベランダの隅の方に首を突っ込んで回れなくなって、その場所でつぶれていたりすること。
だから、目が離せない。

部屋の中でも、回ったり、隅の方に首を突っ込んだりすることはあるけど、いつもいつもというわけではないし、
意志をもって外を眺めていたりもする。

だから、
今のジュリ、
「ちょっとだけ認知症」なのかな?

ご飯の前の「マテ」や「ヨシ」は、完全に忘れたし、
「もってこい」なんか完璧に忘れ、「持って来てもらうのが当たり前」に変化してる。

よく言われることではあるけど、
認知症って、結構嬉しいかも。
本犬にとっても、お世話係にとっても。(こちらが大きい?!)

歳をとって、
出来るはずだったことが出来なくなって、
苦しそうにしていたり、
悲しそうだったり、
イヤそうにしていたら、
見ているほうがつらすぎる。
言葉が話せないワンコだから、特に。

認知症の老犬は、
出来なくて当たり前というか 気にしない。
前のことを忘れたから 「今」が新鮮みたいだし、
もっとステキなことがあったことなど忘れちゃったから 「今」が一番なんだよね。

寝ていれば喜ばれて、
当たり前のことが出来れば褒められる!

認知症、万歳?!

ジュリ、少しぐらい認知症になっても大丈夫だからね~


よろしく。

ブログランキング登録中ワンクリックお願いします

テーマ:コリーと暮らす - ジャンル:ペット

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nittajulius.blog92.fc2.com/tb.php/4260-6b2babfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ジュリママ

Author:ジュリママ
Julius(ラフコリー♀ 2003/05/27生)
ドッグトレーナー養成学校に9年通い卒業

ジュリアスのホームページも観てください

Juliusのれんらくちょう(古い日記)

4月の写真

4月の写真

ジュリアスの学校生活

ジュリアスの学校生活

ポチたま出演

ポチたま出演

携帯からもアクセスできます

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに登録中

ブログランキング

ワンクリックお願いします

RSSフィード