FC2ブログ
コリー・ジュリアドの連絡帳
Juliusは、2017.12.10 14歳6ヶ月10日で天に昇りました                Adonisは、2020.1.31 7歳で学校を卒業しました。

歴史は繰り返す:琵琶湖編
そもそも今回の旅の予定で、決まっていたのは一つだけ。
それは、竹生島クルーズに乗って、琵琶湖に浮かぶ竹生島に向かうこと。

長浜港から出港。
船から上陸したとたんに、この階段!
進むには、登るしかない
竹生島クルーズ

この「祈りの階段」でも、主役は「中高年女子男女」
祈りの階段

それでも、一気に登って宝願寺本堂へ!
行基が開いたお寺だそうな…紀元724年!?古すぎて想像できない… 
宝願寺本堂(弁才天堂)


三重塔などの文化財をあっという間に見終えて…
登った階段は降りるしかない‥
出航の時間調整で体力回復のために道ばたで休んでいると、学生とおぼしき女の子4人組が近づいてきた。
クラブ?学習の?一環でアンケートを取っているとのこと。
答えましたよ!今回の旅の性格を。喜々として延々と蕩々と!

「私たちはね、学生時代のサイクリングクラブの仲間。今回 ほぼ30年ぶりに旅行することにしたのよ。
懐かしいわ。今のあなたたちみたいに活動したのよ。
そのうち、約30年たったら、あなたたちも、懐かしく、絶対忘れず、つい昨日のことのように思い出すわよ。
めいっぱい今を楽しんでね~」

などど、余計なお節介適切なアドバイスをたっぷりとあげました。


若い子は素直です。メモを取りつつ、頷き、笑顔で聞いてくれました!
あの子達も、30年後にはきっと語り合っているに違いない…
人の歴史はくり返すのです。(きっぱり)

それにしても、
こういうときに、気軽に声をかけ相手をペースに乗せてくれるのは、今も変わらず、ブーさん。
話を引き取り、どんどん盛り上げてくれるのが、やっぱり、フーさんん。
気後れウー(ワタシ)は、あい変わらず 出遅れ気味 慎重‥ 
この、微妙な呼吸も何年経っても変わらないのも楽しい!
タイムスリップ

長浜に戻って、
船を降りたあとは、長浜の黒壁街を散策。
黒壁スクエア

時の流れが変わったような空間。

時は流れ、歴史を刻んできたけれど、
琵琶湖や伊吹山など、変わらぬものは自然…そして、人の「思い」




乗鞍高原にも自然が昔のままで残っていたよ ジュリ
自然は変わらず

どこに行っても、元気な姿が見られた、中高年の皆さん!勇気づけられた!

「中年の私達もがんばろうね、ジュリ!」

中年同士




ブーフーウー旅行記はこれでおしまい。
そもそもなぜ竹生島に行こうということになったかというと、ここを舞台とした小説を読んだからという、単純な純粋なフーさんの企画だった。目的達成後後は、あ~しよう、こ~しようと、ブーフーウー企画が、その場その場で適当に 適切に進んで、こんな旅となった。
地元の特産品のお土産を買い忘れて、東京駅で「滋賀の特産お土産」を買って帰ったことは、別に言わなくてもいいでしょう。


あ~楽しかった!
また、行こうね~
今度は、熊野古道?!←ローカル電車のなかの広告をみて、意見一致。

色々迷ったり考えたりしても、その時一番いいと思ったことをしていくのがいい。
卒業してから、それぞれの道を歩んできた。ドラマチックだったり、ロマンチックだったり、ミステリチック(?)だったりの道だけど、
これからは時々、ちょっこっと交わらせて行くこともできそう!
人生は、これからが楽しい、 ね!




たぶんこれからも続く、ブーフーウー旅行に、応援のクリックをお願いします。

ブーフーウー旅行美貌備忘録(忘れないうちに記録…中年は、忘れやすいので…)

1日目:長浜港から竹生島クルーズに乗って竹生島へ
    長浜に寄港し、長浜市内の黒壁街にて、休憩&ガラス工房&店見学。
    ホテルラフォーレに泊 

2日目:米原駅→関ヶ原駅→駅前からバスで伊吹山へ→関ヶ原駅→醒ヶ井駅で下車して
梅花藻&中山道散策→醒ヶ井駅→米原:米原駅から新幹線「ひかり」で帰京 
ブログランキング登録中ワンクリックお願いします

テーマ:コリーと暮らす - ジャンル:ペット

この記事に対するコメント

楽しいン十年ぶりの旅行のようでしたね。
まだ、夜の宴会の写真が見られませんがどうだったのでしょうか、京都に近いし、海にも近いし、川にも近く、水も湧き水で美味しいしく、きっと豪勢なお料理だったのでしょうね。
それに引換えジュリパパさんはきっと寂しい三食ジュリちゃんとお話をしながら食べたんでしょうか。(実は西の星が遊びに行っていました、グフグフ)
犬の立ち入り禁止は信じられません、そこの町やら村やらは犬飼っている方いないのでしょうか(怒)。(誰が観光に行ってやるものか、キッパリです)
それにしても三◯△三達、ブーフーウーて(三匹の子◯△)の意味ですか。(笑)
【2011/08/14 08:33】 URL | 西の星 #SFo5/nok [ 編集]


楽しそうな旅行記、うらやましく拝見しています!
フーさんの読まれた本ってもしかして「偉大なるしゅららぼん」でしょうか?
わたしも琵琶湖と竹生島に行ってみたかったのでとっても興味深いですv-237
【2011/08/14 21:46】 URL | アースの母 #- [ 編集]


西の星さん
おかしいと思いました!
絶対に調理をしないpapaのために、半調理品を山のように用意して置いていったのに、減ってなかったからです。
「フライパンを使った」というので、ピンと来ました!
お世話になりましたです。

次回の熊野古道行きのためにも、これから、鍛えなくちゃ!!ビシバシと。



アースの母さん
「万城目学」の作品といってましたので、多分そうだと思います。
ワタシも読んでみようと思ってます。文庫本になったら読みます。
「文庫本になったら読む」と決めているんです。


【2011/08/14 22:35】 URL | ジュリママ #- [ 編集]

こんにちは!
こちらは「長浜観光協会」サイトを運営しております(株)プロクルーの金澤と申します。
このたびは、長浜に来ていただきましてありがとうございます。
ブログを拝見させていただきました。楽しいご旅行ですね!暑い中お疲れ様でした(^^)
「長浜観光協会」(http://www.nagahamashi.org/)の「長浜に来られた方のブログ」と
「びわ湖・近江路観光圏」(http://ohmiji.jp/)の「びわ湖・近江路を訪れた方のブログ」、
そして、当社運営のブログコミュニティサイト「コブログ」の「旅ブログ」(http://dp10063051.lolipop.jp/ko-blog/)では、
長浜・湖北・湖東のことを書いていただいた貴重なブログをサイト上で紹介させていただき、これからこちらに来られる方の参考にしてもらいたいと考えています。
そこでもしご了解していただければ、こちらのブログ記事「歴史は繰り返す:琵琶湖編」を掲載させて頂きたいので、コメントかメール(info@e-ohmi.net)でお返事をいただければ嬉しいです。
また、このブログのおじゃまをしてしまいました場合は、たいへんお手数ですがこのコメントの削除をお願いいたします。
【2011/08/16 10:31】 URL | プロクルー金澤 #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nittajulius.blog92.fc2.com/tb.php/1953-1e831489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ジュリママ

Author:ジュリママ
♥ジュリアス(ラフコリー♀ 2003/05/27生)
ドッグトレーナー養成学校に9年通い卒業
2017/12/10 14歳6ヶ月で旅立ちました

♠アドニス(ラフコリー ♂ 2012/06/09生)
ジュリアスの後を引き継いでドッグトレーナー養成学校で勉強中

# アドのインスタグラム #

ジュリアドのホームページも観てください

Juliusのれんらくちょう(古い日記)

8月の写真

8月の写真

ジュリアスの学校生活

ジュリアスの学校生活

ポチたま出演

ポチたま出演

携帯からもアクセスできます

最近の記事

最近のコメント

リンク

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに登録中

ブログランキング

ワンクリックお願いします

RSSフィード