FC2ブログ
コリー・ジュリアドの連絡帳
Juliusは、2017.12.10 14歳6ヶ月10日で天に昇りました                Adonisは、2020.1.31 7歳で学校を卒業しました。

病院は鉄壁の備え!
手前の このとびらから先には、入ってはいけません。
たとえ開いていても。
分かっていて、マテが出来るアドです。
マテ
でもね、ぐあいがわるいときは いれてくれるんだよ。 
ずっと そばに くっついていたいからね。
それは れいがい なんだってさ。  byあど





さて、ワタシ、
病院に行って来た。
特に具合が悪いわけじゃないし、
ほんとは行きたくなかったんだけど、
3月の予定が、のびのびになっていたので、ついに決心して出かけた。
検診の結果など電話では伝えられないというので。
緊急事態宣言解除になると、みんな一斉に動き出して混みそうだったから、その前に。

お茶の水にある病院の様相は、一変していた。
病院の入り口の外に、フェイスシールドなどで装備した4人の看護師さんが立っていた。
ここでまず、おでこで体温チェック。
次に、直近2週間の体調などの問診。
ここで、トリアージされて、
感染症疑いや治療の優先度で動線が分かれ、本館行き別館行きになっていた。
さらに、アルコール消毒。
中に入ってからも、
受付などでは距離を取って並び、
待合室のイスも所々開けて座るようになってた。
こうして、病院ではコロナへの鉄壁のガードが取られていた。
ここまで徹底してるとむしろ安心かも…

病院内は、狙ったとおり空いていた。
でも、GW明けの週までは、大騒動だったらしい。
感染症科のないここにもコロナを心配した患者さんも大勢来て、騒然としていたらしい。
「ほんとにお疲れ様です。。」という言葉しか出てこない。
「落ち着いてやれやれですね。」というと、
「第二の波があるかもしれないから、気が抜けない」と、言っていました、看護師さん達。
お疲れ様です…
病院がこうしてがんばってくれているから、安心していられるんです。
心から感謝です!



病院の帰りは、
どこにも寄らずに一目散に帰宅。
玄関から一直線にシャワーへ。
アドが、
「怪しすぎる!」と、ワンワン吠えてたけど(汗)


何はともあれ、
恐怖だけだったひと頃に比べると、街は落ち着いて来ている気がする。
人が減ったり(スタバは開店してるけどお客さんゼロ)
閉まってるお店が多いからかもしれないけど。。。。
そんな情景に、慣れたのかも知れないけど。。。。

こうして、じわりじわりと日常が戻っていく…のかな。



押してね。


ブログランキング登録中ワンクリックお願いします

テーマ:コリーと暮らす - ジャンル:ペット



プロフィール

ジュリママ

Author:ジュリママ
♥ジュリアス(ラフコリー♀ 2003/05/27生)
ドッグトレーナー養成学校に9年通い卒業
2017/12/10 14歳6ヶ月で旅立ちました

♠アドニス(ラフコリー ♂ 2012/06/09生)
ジュリアスの後を引き継いでドッグトレーナー養成学校で勉強中

# アドのインスタグラム #

ジュリアドのホームページも観てください

Juliusのれんらくちょう(古い日記)

7月の写真

7月の写真

ジュリアスの学校生活

ジュリアスの学校生活

ポチたま出演

ポチたま出演

携帯からもアクセスできます

最近の記事

最近のコメント

リンク

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに登録中

ブログランキング

ワンクリックお願いします

RSSフィード