コリー・ジュリアドの連絡帳
Juliusは、9年間お世話になって卒業しました。                  Adonisは犬学校の5年生。 週に2日、カバンに、おもちゃと、ウンチ袋と 連絡帳を入れて通学。 その学校生活は、ミステリアスで、ユーモラスで、ちょっぴり刺激的。

歩いた!
ジュリが歩いた!
家の中を、支え付きではあるけど。
何日ぶり?
薬を変えたのが効いたらしい!!





脱力?

このところ、横になっていることが多くて、体を起こすことさえ少なくなっていた。
起き上がれないのは、ためしに飲んでいた薬のためかと思われた。
試していた薬は、フェノバール。 朝半錠。夜1錠半、10日飲ませてみていた。
確かに暴れることが減り、苦しそうなのも減ったけど、減っただけで無くなったわけではないし、なにより体に力が入らない様子だった。

歩けず
苦しそうでは無いけど、体に力が入らない?…


楽になってほしいけど、寝たきり状態を望んでいるわけではないし、苦しそうに暴れることもあり、あまり効いているようにも見えなかった。
そんなときに、「アセプロマジン」という薬のことを知り、替えてみることにした。
コリー犬飼い素人のワタシたちがジュリを育てるときに、親切に教えてくださった方に、今回もまた教えを乞うたりして!
小心者の私でも(?笑)愛犬のことになると、堂々と図々しくなれるものです。


薬を替えるに当たっては、他の薬の影響がなくなるように、2日間全く何の薬も飲ませなかった。心臓の薬でさえも。
散歩途中で暴れたのは、そんな2日間の中の1日だった。
2日の間に薬の影響がどんどん抜けていくのがよく分かった。恐いほどだった…。
そのことについてはまた後日報告。




何はともあれ、
2日間の大暴れ&苦しみを耐え、今朝「アセプロマジン」を半錠投与。
空腹時に与えると効くというので、
朝5時半に与えたつもりが、口から吐き出していたのに気が付いたのは朝ご飯を食べた後だった。その後に再度落ちていたこの薬を再び投与。朝7時頃だった。

午前中はうつらうつら状態だったけど、昼ご飯はしっかりと食べ、オシッコもしっかりと出来た。
午後も暴れることなく、時々目覚めては水を要求したり、オシッコをしたり、ウンチをしたりした。


17時の夜ご飯の後で、体に力が入って来たように感じたので、起こして歩かせてみたら、歩いた!
自分の意志でワンコルームに向かっていった。
ワンコルームをグルグル歩いた。その後は疲れたのか、寝込んでいる。

鎮静効果はあっても、体の力が抜けてしまうことがないことに安堵した。


朝7時に半錠飲んでから15時間が過ぎている。
この後、様子を注意深く見守りながら、次の投与の時期を見計らっていたが、22時半に四分の1錠与えた。
暴れ始めたので。
ジュリ、ゆっくり寝られるといいのだけど…



少しでもj楽になりますように…

ブログランキング登録中ワンクリックお願いします

テーマ:コリーと暮らす - ジャンル:ペット



プロフィール

ジュリママ

Author:ジュリママ
Julius(ラフコリー♀ 2003/05/27生)
ドッグトレーナー養成学校に9年通い卒業

ジュリアスのホームページも観てください

Juliusのれんらくちょう(古い日記)

5月の写真

5月の写真

ジュリアスの学校生活

ジュリアスの学校生活

ポチたま出演

ポチたま出演

携帯からもアクセスできます

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに登録中

ブログランキング

ワンクリックお願いします

RSSフィード